パリ生活日記
by grisetblanc
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2011年 10月 16日

Noix (くるみ)

同居人のお母さんの家の裏庭でとれたNOIX(くるみ)
f0128215_5291499.jpg

収穫してすぐの若いくるみは、簡単に手でつぶせ、中の実を取り出すことができるらしい。

ああ、秋だな~っ・・・
[PR]
by grisetblanc | 2011-10-16 05:33 | フランスの12ヶ月と食
2010年 03月 15日

ちょっぴり贅沢なランチ

SMART BOXという、新しい形のプレゼントがある。
あらかじめ決められたテーマが一冊のカタログ本になっており、贈り主は、そのカタログを買ってプレゼントし、贈られた側は、そのリストの中から、好きな場所(店またはホテル、施設など)を選択し、その値段相当のサービスを受けられると言うもの。
要するに、一種のギフト券のようなものだ。
テーマは幅広く、グルメ、エステ、アドヴェンチャー、旅行、アトリエなど50種以上あり、
値段も手ごろな30€~400€くらいまであるらしい。
去年のノエルあたりから、TVで盛んに宣伝され、今ちょっとしたブームとなっている。

私はこのSMART BOXのグルメ版、GAULT MILLAU(ゴーミヨ)推薦のレストランヴァージョンを、ノエルにいただいたのだった。
実は、コテコテのフレンチや、肩肘を張って食事をするのは好きではないので、なんとなく日を延ばしていたのだが、せっかくなので行ってくる事にした。
パリ市内の選択肢は非常に少なく、どこにしようか迷うこともなく、シャンゼリゼ方面の
WHY NOTというレストランに決定。(名前からして、コテコテフレンチではないですね)
実は行く前に、ネットでの評判をチェックし「高いわりには大したこがない」
「がっかりした」など、あまりいい評判ではなく、それほど期待もしていなかった。
が、私たちの印象はどちらかといと、マル。
f0128215_863461.jpg

f0128215_811285.jpg

        パルメザンのサラダ
f0128215_8113435.jpg

        マグロのタルタル レモン、ジンジャー風味
f0128215_8162630.jpg

        マグロのステーキ
f0128215_818131.jpg

        クレームブリュレ 塩キャラメル風味
f0128215_820551.jpg

        リンゴのクランブル

客層は場所柄、ハイソなカップルか、クラスなビジネスマンでいっぱいでした。
普段、私たちが足を踏み入れる場所ではないな、とうかんじですが・・・笑

おなかが一杯になりすぎて、帰りはかなり歩きました。

ちなみに、デザートはどれも10€(約1300円)もするわりには、いまいちでした。


 
[PR]
by grisetblanc | 2010-03-15 08:44 | フランスの12ヶ月と食
2009年 12月 29日

Pudlo Paris 2010

年が明ける前に、溜まっていたネタを更新します。

もう一ヶ月以上も前のことになりますが、今年も去年に続き「PUDLO(ピュドロ)」(ミシュランやゴーミヨのようなグルメ本です)2010年度の授賞式に招待されました。
今年は、FOUR SEASONS HOTEL GeorgeV Parisで行われました。
f0128215_7135254.jpg

       授賞式の記念写真
パーティーでは、受賞したシェフたちのお料理が試食できます。
グルメ記者やレストラン関係の有名どころに混じって、試食しまくり!
食べるのに夢中で、写真撮るも忘れてるし。
そのうえ、残念なことに、日にちが経ちすぎて、詳細、忘れました・・・。
(レポートの意味ないっすね)
特に印象に残っているがコレ。
f0128215_7153745.jpg

       マグロのたたき(奥)絶品でした。もちろん、フレンチ風
2010年度の美味しいパン屋さんに選ばれたのは、ココ。
f0128215_730733.jpg

Le Quartier du Pain ハード系のパンが美味しかった

ちょっと前から私が目をつけていた、オシャレなショコラティエ JACQUES GENINも、
やはり賞をもらっていました。
日本上陸もそう遠いことではないかも・・・
[PR]
by grisetblanc | 2009-12-29 07:38 | フランスの12ヶ月と食
2009年 11月 16日

お菓子な日々

相変わらず、お菓子やパンの食べ歩きをしております。
年齢と共に、新陳代謝も悪くなるので、食べすぎにはご用心だそうです。
それでも、お菓子の魅力にはなかなか勝てないのですが・・・

いろいろ食べましたが、マカロンなら、やっぱり、エルメさんのところが一番!
とワタシは思っています。
お気に入りは、塩キャラメルとチョコとパッションフルーツのマカロン。
かなりやみつき。
f0128215_6412055.jpg

ついでに、前から食べてみたかった、レモンタルトも買ってみることに・・・
f0128215_6421726.jpg

見た目の美しさといい、レモンの酸味も効いていて、おいしくいただきました。
本音を言えば、甘さがもうちょっと控えめだったら最高だったんだけど・・・

エルメの帰りに寄った、リュクサンブール公園近くのお菓子屋さんで、
以前から狙っていたチーズケーキもゲット。
こちらは、2人分くらいの大きさはあります。
実はフランスのチーズケーキは、フロマージュ・ブランというチーズを使っていて、
これがいまいちぼやっとした味で、あまり好きではないのだ。
でも、ここのは、イギリスのレシピで作られているので、チーズが濃厚で
とても好みの味でした。
f0128215_650571.jpg


誕生日でも、クリスマスでもありません。
ただの週末に、こんなにカロリーを摂取してしまった自分が怖い・・・
[PR]
by grisetblanc | 2009-11-16 07:00 | フランスの12ヶ月と食
2009年 07月 26日

La Praluline (ラ・プラリュリーヌ)

フランス中央部、ロアンヌにある有名なショコラティエ、PRALUSのパリ店がオープン。
一番人気は、La Praluline (ラ・プラリュリーヌ)という、プラリネ入りのブリオッシュ。
少し前までは、年に一度のサロン・ド・ショコラで、行列しないと買えなかった、あの幻のシロモノです。
ブリオッシュというと、パンの一種ですが、これは、パンというよりは、立派なケーキ。
わりとしっかりめに焼かれた、ほの甘く優しい味のブリオッシュ生地の中に、ピンクのプラリネが、ゴロゴロ入っていて、一度食べだしたら、絶対にやめられません。
f0128215_783573.jpg


初めて食べたのは、あの、ゴーミヨの2009年度の出版記念パーティと表彰式の時。
あまりのおいしさに、食事をそっちのけで、こればかりムシャムシャ食べていました。
ブリオッシュの前に、コレを作ったと思われる、コック服を着たおじさんに
「これ、あなたが作ったの?めっちゃ美味しいわ~」と気軽に声をかけてしまったのですが、実は、その後、このブリオッシュは、かなり有名なもので、普通のおじちゃんだと思って声をかけたその人こそ、招待でたまたま来ていたPRALUS氏だったというわけで、大変失礼をしてしまいました。

最近は、カフェ・オ・レとコレが、朝食の定番になりつつあります。
はいはい、朝から高カロリーですね。
[PR]
by grisetblanc | 2009-07-26 07:24 | フランスの12ヶ月と食
2009年 02月 16日

St Valentin

新年の誓い虚しく、更新を怠っていました。すみません。

昨日はバレンタインデーでした。
こちらでは、女性が男性にチョコを贈るのではなく、男性が女性に花束やプレゼントを贈るので、女性にとってはラッキー!!!
昨日は花束を抱えた男性を沢山みかけました。

本日はワケあって、友人のレストランをお手伝いしたのですが、もちろんカップルばっかり!!
中には男性のカップルもお見えになり、美味しい物をたらふく食べて、
幸せそうに帰って行きました。

f0128215_6342834.jpg

これはもちろん、自分で作ったわけではありません。
お手伝いのお礼に、友人が作ってくれたガトー オ ショコラ。
濃厚なショコラの中には、ショウガが入っていて、大人の味。
フランボワーズとの相性が抜群です。
f0128215_6344917.jpg

そして、ハート型のサブレ。バニラ、抹茶、黒ゴマ味。
ミニマドレーヌも3つの味が楽しめます。
フランスにいて、和の素材に出逢えるのはウレシイなぁ・・・
ところで、このサブレ、ワタシもお手伝いして作ったのです。
どの部分かというと、型抜きの部分。笑
見た目勝負ですから・・・笑
[PR]
by grisetblanc | 2009-02-16 06:40 | フランスの12ヶ月と食
2008年 12月 29日

NOEL (ノエル)2008

もうすぐ2008年もおしまいですね。
ブログほったらかし状態で、すみません。
来年はもう少し、更新をマメにしていきたいと思いますので、よろしゅうお願いいたします。

さて、今年のノエル(クリスマス)は、大家さんのおばあちゃんのおうちで過ごしました。
パリから、急行電車で一時間ほどのJOIGNYというところ。
ワタシがマミー(おばあちゃん)に会うのは、2006年のクリスマス以来の2年ぶり。
88歳の彼女は一人でこの一軒家に住み、車を運転し買い物に行き、お料理上手で、
コレステロールの心配さえなければ、何でも食べれる健康優良な人。
今年も手作り料理で歓迎されました。
もちろん、食べすぎ・・・ずっと、ずっと食べまくってました。
f0128215_722463.jpgf0128215_7225769.jpg


 





          フォアグラと海老のサラダ               スモークサーモン
f0128215_7313753.jpgf0128215_7315628.jpg








          チキンのブランケット                プチフールとプリン

本当は、前菜とメインの間に、野菜のパイ包み、メインも、もう一品フィレミニヨン(豚フィレ肉)のグリルがあったのに、食べるのに夢中で、写真を撮り忘れました。ははは

マミーは、ノエルのメインは「鴨肉のグリル」決めている人なのですが、私たちが食べれないので(おととしはせっかく作ってもらったけど、誰一人、手をつけられず、申し訳なかった思い出がある)急遽、豚肉や鶏肉に切り替えてご馳走を作ってくれました。感謝。
ワタシは鴨肉のほかにも、フォアグラも苦手なので、薦められるのを断るのに、少々勇気がいりました。

そして、ノエルのケーキといえば、ビュッシュ ド ノエル。
f0128215_7462896.jpg

田舎(失礼)のパティスリーにしては、かなりいけると思ったら、
このあたりで星を取った有名なレストランでデザートを作っている人のケーキでした。
かなりいけました。
もちろん、お腹はパンパンに膨れていたけど、やっぱり食べました!!!

f0128215_7503617.jpg

サパン(クリスマスツリー)がなかったので、今年は、各テーブルの席に、プレゼントを置いていきました。
沢山のプレゼントの山・・・
みんな幸せいっぱいのノエルでした。

f0128215_752085.jpg

ちなみに、これは友人作のケーキ。
これは翌日にいただきました。
ごちそうさま。
[PR]
by grisetblanc | 2008-12-29 08:01 | フランスの12ヶ月と食
2008年 11月 05日

PUDLO PARIS 2009

PUDLO PARIS 2009 がパリの HOTEL BRISTOLで行われた。
「PUDLO」は食のガイドブックで、毎年新しいガイドブックを出版する際に、その年のよりよいレストラン、シェフを決定し、表彰するという企画。
その年の最高のシェフ、レストラン、外国料理、お菓子、パンなど各部門にわかれて表彰され、またデギュスタシオン(お味見)ができるというのが、このパーティのおいしいところ。
参加者は、主に食のジャーナリストや、ある程度名の知れたレストラン関係者。
私は、友人が去年ここで賞をいただいたため今年も招待され、その付き添いで入れてもらったのだった。

会場は、いいにおいでいっぱい。
しかし、食べ物が運ばれてくる度に人がわんさか集まり、とても写真など撮れません!!
f0128215_649207.jpg
f0128215_650378.jpg


表彰された方たち
f0128215_6535019.jpg

トロフィーの代わりのお鍋
f0128215_6544178.jpg

そして、今年最高のシェフに輝いたのが、この人。
f0128215_6584991.jpg
8区にあるレストラン LES SAVEURS DE FLORA のFLORAさんでした。
彼女の作ったスープは絶品でした。

ごちそうさまでした

また行ってみたいレストランが増えました。
[PR]
by grisetblanc | 2008-11-05 07:01 | フランスの12ヶ月と食
2008年 10月 27日

SIAL ザ グローバル フード マーケットプレイス

先週は展示会での通訳のお仕事で、SIAL ザ グローバル フード マーケットプレイス
に行ってきました。
5日間のお仕事でしたが、食べ物好きの私にとってはウレシイお仕事。
なんせここには、世界中から美味しいものが一挙に集まり、試食ができるのですから・・・笑

ずっと立ちっぱなしのお仕事はつらいけど、お楽しみは休憩時間に、各国を回って、いろいろな食べ物を見る(食べる)事。
足が痛いのも忘れ、歩く歩く。
会場がめっちゃ広いので、1時間のお昼休みでは、とても回りきれないし、迷子になり何度もあっちこっちを行ったり来たり・・・それも楽しい思い出のひとつ。

食文化には評判の悪いイギリスも、私は結構気に入って、2日連続で通った。
インドカレー、ショートブレッド、オーガニックのシリアル、アイスクリームなどいろいろいただきました。
f0128215_7251846.jpg


またさすが、イタリアは、おいしいものがいっぱい。
私の一番のお気に入りは、このスナック。
f0128215_7254815.jpg

トスカーナ地方のスナックで、ここではよく食べられているそう。
デュラムセモリナ粉(パスタの粉)、オリーブオイル、塩が原材料のチップスのようなお菓子。かなり気に入って、質問もしまくり、サンプルもゲットしました。
フランスでは見たことがなかったなぁ・・・

いろいろな事件もあったけど(これは後日またブログにネタにしよう)
とりあえずは、無事に終わり、今まで早起きして睡眠不足だった分を、
今日一日で取り戻し、元気回復。
[PR]
by grisetblanc | 2008-10-27 07:50 | フランスの12ヶ月と食